アジアンエステではプロの指先で快楽へ導く

アジアンエステにはファッションヘルスで行われている身体を使ったスペシャルサービスは基本的にはありません。
それでも非常に低料金で利用可能なアジアンエステは、年齢層問わずに人気が出てきているのです。

 

しっかりと営業申請を届け出ているアジアンエステでは、法律の範囲内で性的サービスをしてくれます。
東南アジア系の女性から韓国や中国など、様々な国籍を持つ女性が貴方に至福の時間を提供してくれることでしょう。

 

ファッションヘルスのように女性は全裸にはなりませんが、それでも男性心をくすぐるような素敵なコスチュームを着用して施術をしてくれます。
Yシャツや短パンなど刺激的な格好でサービスをしてくれるアジアンエステもありますが、多くは白衣の揃いのユニホームが一般的となっています。



アジアンエステではプロの指先で快楽へ導くブログ:19-4-14

シェイプアップ中は、
ご飯は1日3食バランスよく摂ることが大切なんですが、
毎食どれくらいの割合で摂ればいいのか気になりますよね。

理想のご飯摂取カロリーの割合は、
7時:午後:夕方=3:4:3とされています。

例えば…
1日の目標摂取カロリーが1800kcalの場合は、
7時食540kcal、午後食720kcal、夕方食540kcal
となるわけですね。

必ずしもこの割合でないといけないという事はありませんが、
午後食に重点を置き、
7時食と夕方食は軽いご飯で
済ませるというのがポイントです。

夕方食はどうしても豪華になりがちなので、
食べ過ぎることもなくなりますし、
胃にもやさしいですよ。

シェイプアップ中でカロリーが気になったり、
ご飯のボリューム感が足りない時は、
肉や魚などのたんぱく質を少し控えめにして、
きのこや野菜・海藻類などをたくさん取ると、
食物繊維も取れるし、
ウエストの満足感も感じられるのでおすすめです。

ご飯の時間が不規則で
ウエストが空いてしまった場合は、
間食におにぎりやバナナなどを取り入れてみましょう。

ウエストが減ると血糖値が下がるため、
思考回路や集中力が低下したり、力が出なくなりますが、
間食を取り入れることで改善できますよ。

また夕方食が24時遅くなってしまう場合は、
野菜中心の軽めのご飯にしてみましょう。

24時は消費カロリーが昼に比べ少ないので、
高カロリーのものを摂ってしまうと
脂肪として蓄積されやすくなるので注意が必要です。

ご飯はバランスが大切です。
7時・午後・夕方を規則的に取るのが難しいのなら、
賢く間食を利用して
ご飯を上手にコントロールしましょう!